大垣城を観光したよ【駐車場・アクセスなど/御城印も】

なごやっくす(Twitter@omairi_dash)です。
大垣城(岐阜県大垣市・大垣城公園)を、楽しく観光してきました!

この記事に、大垣城の見どころやアクセス・駐車場情報などをまとめておきます。

  • 大垣城ってどんなお城なの?
  • お城のスタンプを見てみたい
  • 大垣城へのアクセス方法を知りたい!
  • 駐車場情報が気になる…

といった場合は、ぜひ参考にしていただければと。
まずは大垣城がどんなお城なのか、簡単に説明しますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

墨俣一夜城(大垣市)に続いての見学です。大垣城では御城印(城御朱印)もいただいたので、記事の中で紹介します

大垣城とは【歴史など】

大垣城天守と戸田氏鉄公騎馬像
大垣城と戸田氏鉄騎馬像

大垣城(大垣市指定史跡 大垣城跡)

  • 築城年:天文4年(1535年)
  • 築城者:宮川安定みやがわやすただ
  • 城地種類:平城
  • 別名:巨鹿城きょろくじょう糜城びじょう
  • おもな城主:氏家卜全うじいえぼくぜん池田恒興いけだつねおき伊藤祐盛いとうすけもり戸田氏鉄とだうじかね

※現地案内板、続日本100名城に行こう(日本城郭協会,2019)などをもとに作成

大垣城は、美濃守護・土岐一族の宮川安定が天文4年(1535年)に築城したと伝わるお城(明応9年に竹腰尚綱たけこしひさつなが築城との説もあり)。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、西軍・石田三成が本拠地としたことで知られています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

縄張りの最大の特徴は、大垣の豊富な水源を活かした水堀。三重・四重にも巡らせていたんだとか!

寛永12年(1635年)に、戸田氏鉄が尼崎から入封にゅうほうしたあとは、版籍奉還(明治維新)まで戸田氏十一代の治世が続いたということです。

【要約版】大垣城の歴史

大垣城(岐阜県大垣市)東門
東門。天守復興時に、内柳門(七口之門の1つ)をココに移築したそう

  • 天文4年(1535年):宮川安定が築城
  • 永禄2年(1559年):氏家卜全が入城。堀や土塁を築き、大規模な城となる
  • 慶長元年(1596年):伊藤祐盛が天守造営
  • 慶長5年(1600年):関ヶ原の戦いで西軍石田三成の本拠地となる
    →当時の城主は豊臣家臣の伊藤盛宗いとうもりむね(盛正もりまさ)
  • 元和6年(1620年):松平忠良が天守改築
  • 寛永12年(1635年):戸田氏鉄が入封

戸田氏鉄騎馬像(大垣公園)
戸田氏鉄騎馬像。大垣城下町の整備を行うなど、大垣の礎を築いたキーパーソンです

  • 昭和11年(1936年):国宝に指定される
  • 昭和20年(1945年)7月29日:空襲で焼失
  • 昭和34年(1959年):現天守が再建される
  • 平成23年(2011年):天守と乾隅櫓を戦災前の外観に近づける改修が行われる

※リーフレット、書籍「続日本100名城に行こう」などをもとに作成

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

天文年代(1532-1555)に、斎藤道三が大垣城を攻略したとの話もあるようです

大垣城(岐阜県大垣市)乾隅櫓(戌亥櫓)
乾隅櫓(戌亥櫓)

引き続き、大垣城の見どころを順番に紹介しますね。

大垣城の見どころ【注目ポイント】

大垣城天守

大垣城天守(岐阜県大垣市)
四層四階建て総塗ごめ様式の優美な城です

まずは大垣城天守
城下町大垣のシンボルです。

館内は以下のようにテーマ分けされており、興味深く拝見しました。

  • 1階:関ヶ原合戦と大垣城
    (「杭瀬川の戦い」のジオラマなど)
  • 2階:武士と庶民の文化や生活
  • 3階:オープンスペース(休息室)
  • 4階:展望室
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

僕が訪れた際は、3階で「関ヶ原合戦420年特別展示(石田三成 ~幻の大垣城決戦~」が催されていました!

展望室から撮った写真を2枚紹介します。

1枚目(下の写真)は、北西の眺め。
丸で囲ったあたりに、関ヶ原の戦いで東軍が軍をおいた岡山(お勝山)があります。

お勝山(大垣城展望室からの眺め)

そして下の写真は、北東の眺めです。
丸で囲ったところに、岐阜城が見えましたよ。

大垣城(岐阜県大垣市)展望室からの眺め(岐阜城・金華山)

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

丸にカブるようにして見える、お寺のような建物は「真宗大谷派大垣別院開闡寺かいせんじ」だと思われます

なお、大垣城の開館時間や休館日、入館料は以下のとおりです。

大垣城
開館時間午前9時~午後5時
(入館受付は午後4時30分まで)
休館日
  • 火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 祝日の翌日(※)
  • 年末年始(12/29-1/3)
入館料
(郷土館と統一)
  • 一般 200円
  • 団体(20人以上) 100円
  • 18歳未満 無料
公式サイト大垣城|大垣市

※祝日の翌日が日曜日or火曜日の場合は翌日、月曜日or土曜日の場合は翌々日が休館

おあむの松【大垣城の戦い】

おあむの松(大垣城)
おあむの松。現在の松は二代目とのことです

続いて、おあむの松です。
関ヶ原の戦い後に起こった「大垣城の戦い」で、山田去暦やまだきょれきの娘・おあむ(御庵)が、城から脱出する際に使った松とされています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

山田去暦は石田三成の家臣。おあむは、この松にかけた縄を伝って内堀に降り、堀に浮かべた「たらい」に乗って城から脱出したんだとか


アニメ「おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと」。大垣市出身の中村航さんが脚本を手掛けています

大垣公園(大垣城公園)

大垣公園(大垣城公園)芝生広場
大垣公園芝生広場。さまざまなイベントが行なわれます

3つ目は大垣公園(大垣城公園)です。
芝生広場のほかに、遊具が設置された広場もあり、たくさんの親子が遊んでいました。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

観光したのが夏ということもあり、かき氷の屋台も出ていましたよ。大垣市の子供向けページによると、昔は芝生広場が野球場、遊具のある場所には動物舎があったんだとか

そして大垣城とその周辺には、そのほかにも見どころが。
4枚まとめてお届けします!

  • [左上]石垣
    金生山(明星輪寺あたり)から切り出した石灰岩をおもに使っているそう
  • [右上]西門
    大垣公園から天守へはココをくぐります
  • [左下]金森吉次郎の像
    明治の大洪水時に指揮をとり、大垣輪中内4万人の命を救った人物です
  • [右下]濃飛護國神社
    天守すぐ南。常葉神社大垣大神宮も大垣公園に隣接しています
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

常葉神社(ときわじんじゃ)の御祭神は、大垣城主でもある歴代大垣藩主(戸田氏)に、大垣藩中興の祖・戸田一西とだかずあき公を加えた十二柱です

さて記事の後半では、大垣城で頂いたスタンプ・御城印と、お城へのアクセス・駐車場情報をお届けしますね。

大垣城のスタンプ【時間など】

大垣城(岐阜県大垣市)のスタンプ(続日本100名城 No.144)

大垣城のスタンプ

  • 設置場所:大垣城天守内(受付向かい)
  • 時間:午前9時から午後4時30分まで
  • 備考:続日本100名城 No.144

※最新情報は、公式サイトなどでご確認ください

大垣城は、続日本100名城のNo.144です。
大垣城天守内でスタンプを押させていただきました。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

水の都・大垣らしく、水色のインクなのが心憎いですね!

大垣城(岐阜県大垣市)記念スタンプ
続日本100名城スタンプのほかに、上のスタンプもありました

僕が持ち歩いている公式スタンプ帳を、下にのせておきますね。
お城の詳細情報に加え、城郭の用語解説も載っており、お城巡り初心者の僕にとって大変ありがたい一冊です。

大垣城の御城印

大垣城(岐阜県大垣市)の御城印(城御朱印・登城記念証)

大垣城では、御城印(城御朱印・登城記念証)もいただきました。
戸田氏の家紋(九曜紋)と石田三成の旗印(大一大万大吉)が描かれた、かっこいい御城印です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御城印のさらに詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。購入方法(場所・値段・時間)についても触れていますよ

大垣城へのアクセス

  • 住所:岐阜県大垣市郭町2-52
  • 電話:0584-74-7875
  • 電車でのアクセス:大垣駅(JR東海道本線)南口から徒歩7分
  • 車でのアクセス:大垣IC(名神高速道路)から11分
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

駅から近く、アクセス良好ですね! 大垣駅からお城までは商店街が続くので、道中も楽しいです

大垣駅南口(名阪近鉄バスのりば)
JR大垣駅南口

大垣城の駐車場

大垣城駐車場マップ(大垣市丸の内駐車場)
© OpenStreetMap contributors

大垣城(大垣公園)に専用駐車場はありません。
公式サイトで案内されている、市営駐車場(大垣市丸の内駐車場)を利用するのが間違いないかと思います。

大垣公園へは道路を挟んですぐ。
住所や駐車料金などは以下のとおりです。

大垣市丸の内駐車場

  • 住所:岐阜県大垣市丸の内2-23
  • 駐車料金:30分100円(打ち止めなし)
  • 営業時間:午前7時から午後10時まで
  • 車両制限:車高2.1m未満
  • 公式サイト:丸の内駐車場|大垣市

大垣城観光におすすめの駐車場(大垣市丸の内駐車場)
大垣市丸の内駐車場

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

なお、大垣城周辺にはコインパーキングも多数点在しています。駐車料金の相場は市営駐車場と同じ30分100円程度ですので、見つけ次第停めてしまうのもアリですね!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 大垣城は、関ヶ原の戦いで西軍・石田三成が本拠地としたお城
  • 大垣城では続日本100名城のスタンプや、御城印(城御朱印)も頂いた
  • JR大垣駅南口から徒歩7分とアクセス良好
  • 専用駐車場なし。「丸の内駐車場(30分100円)」などの利用がおすすめ

ちなみに、大垣城の見学にかかった時間(所要時間)は45分ほどでした。
お出かけの計画を立てる際の参考にしていただければと思います。

大垣八幡神社(岐阜県大垣市)自噴水(自噴井戸)
大垣八幡神社の自噴井戸「大垣の湧水」

さて、大垣城を満喫したあとは、徒歩7分の所にある大垣八幡神社(おおがきはちまんじんじゃ)へ。

境内の自噴井戸「大垣の湧水」から湧き出る水の勢いが、スーパー銭湯のジェットバス並みにスゴかった…!
以下から次の記事へとお進みください。

次の記事はこちら【大垣八幡神社】

そのほか大垣城周辺のおもな神社仏閣

大垣城周辺のお城

  • >>墨俣一夜城(車で15分・豊臣秀吉出世の地)
  • >>岐阜城(車で33分・信長天下統一の本拠地)
  • >>小牧山城(車で38分・信長&家康にゆかり)
  • >>清洲城(車で40分・織田信長が初代城主)
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

大垣城から岐阜城へは電車でもアクセス良好(JRで3駅)。岐阜駅で降りたら長良橋方面の岐阜バスに乗車し、「岐阜公園・歴史館博物館前」バス停で下車すればOKです