稲田神社(愛知県豊川市)参拝ガイド

なごやっくす(Twitter@omairi_dash)です。
稲田神社(愛知県豊川市)にお参りしました。

この記事に、稲田神社の由緒(歴史)・境内風景・アクセス情報をまとめておきます。
さっそくいきますね。

稲田神社とは?【由緒など】

稲田神社(愛知県豊川市)鳥居
境内全景。右後方の建物は「ホテルクラウンヒルズ豊川駅前」です

稲田神社は豊川進雄すさのお神社の元宮
豊川進雄神社の参拝の栞によると、大宝元年(701年)に、この地に豊川進雄神社が創建されたそう。

その後、天徳元年(957年)に豊川進雄神社は豊川西町に移転し、稲田神社には稲田姫(スサノオの妃)が祀られます。

しかし、大正12年(1923年)に稲田姫は本社に合祀され、現在は豊川進雄神社の御旅所になっているということです。


豊川観光YouTubeより、豊川進雄神社の神輿渡御の様子。御旅所として稲田神社が登場します(2:55~)

上記の由緒(歴史)をふまえると、現在、稲田神社に御祭神は祀られていないことになりますね。

それでも、社殿の前で手を合わせてお参りしたくなるくらい、境内は神聖な雰囲気に包まれていました。

稲田神社のご利益は?

稲田神社(愛知県豊川市)社殿
社殿。賽銭口も設けられています

稲田姫(クシナダヒメ)を主祭神とするほかの神社を見てみると、島根県奥出雲町の稲田神社は「結婚の祖神・子安安産の守り神」として崇敬されています(参考:くにたまの会)。

また、茨城県笠間市の稲田神社は「縁結びの神、子育ての神、頭・目・手・足の神」として信仰されているそうです(参考:稲田神社|茨城県神社庁)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

奥出雲の稲田神社周辺には、稲田姫の生まれたときに使われた「産湯の池」や、へその緒を竹で切ったと伝わる「笹の宮」があるとのこと(参考:奥出雲町公式観光ガイド)。お参りしてみたいなぁ!

稲田神社へのアクセス【地図】

稲田神社(愛知県豊川市)アクセスマップ
© OpenStreetMap contributors

  • 住所:愛知県豊川市豊川町仁保通(77?)
  • 電車:豊川駅(JR飯田線)・豊川稲荷駅(名鉄豊川線)から徒歩2分
  • 車でのアクセス:豊川IC(東名高速道路)から5分

稲田神社の駐車場は?

稲田神社(愛知県豊川市)駐車場マップ
© OpenStreetMap contributors

神社の駐車場はありません。

目の前に豊川駅東公共駐車場(1回500円)があるので、こちらに車を停めて豊川稲荷や豊川進雄神社など、周辺の寺社巡りを合わせて楽しむのがオススメです。

>>【参考】豊川稲荷の駐車場まとめ【料金など】

まとめ

稲田神社(愛知県豊川市)東本町集会所
社務所のような建物は「東本町集会所」とありました

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 稲田神社は豊川進雄神社の元宮&御旅所
  • 大正12年(1923年)まで稲田姫が祀られていた
  • JR豊川駅東口から徒歩2分とアクセス良好

コンパクトな境内で説明書きなども見当たらなかったため、参拝所要時間は5分ほど見ておけばよろしいかと思います。

稲田神社周辺の神社仏閣

  • >>三明寺(徒歩3分・国指定重要文化財の三重塔は必見)
  • >>光明寺(徒歩7分・法然上人三河二十五霊場第9番)
  • >>豊川進雄神社(徒歩7分・例大祭の奉納綱火がカッコイイ)
  • >>豊川稲荷(徒歩8分・日本三大稲荷の一つ)

三河の神社仏閣一覧

>>愛知県の神社仏閣人気ランキング

>>TOPページへ