小垣江神明神社(愛知県刈谷市)参拝ガイド

なごやっくす(Twitter@omairi_dash)です。
小垣江神明神社(愛知県刈谷市)にお参りして、ステキな時間を過ごしてきました。

小垣江神明神社は、日本武尊ゆかりの刈谷市最古と言われる神社。
カラフルな御朱印も魅力的です。

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)参道入口
参道入口

このページでは、そんな小垣江神明神社の「アクセス・駐車場情報」「見どころ」「頂いた御朱印」「歴史」について紹介していきます。

  • 小垣江神明神社への行き方を知りたい!
  • 小垣江神明神社ってどんな神社なの?
  • 小垣江神明神社の御朱印を見てみたい…

といった場合などに、参考にしていただければと。
まずは小垣江神明神社がどこにあるのか、アクセス・駐車場情報からいきますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

密蔵院(刈谷市一里山町)に続いての参拝です!

小垣江神明神社へのアクセス【地図】

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)アクセスマップ
© OpenStreetMap contributors

  • 住所:愛知県刈谷市小垣江町下56
  • 電話:0566-22-5880
  • アクセス:小垣江駅(名鉄三河線)から徒歩4分

最寄り駅・小垣江駅から小垣江神明神社への徒歩ルートを、上の地図に示しました。
名古屋駅から向かう場合は、JR東海道本線で刈谷駅まで行き、名鉄三河線に乗り換えるのがオススメかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

名古屋駅から刈谷駅へは3駅19分です。名鉄だけで行くなら知立駅で乗り換えることになりますね

小垣江神明神社の駐車場

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)駐車場マップ
© OpenStreetMap contributors

参道脇の2か所に駐車場がありました。
境内南の参道入口から進入できます。

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)参道入口
参道入口

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

引き続き、御朱印や夜桜ライトアップなど、小垣江神明神社の見どころを紹介していきます!

小垣江神明神社の見どころ

御朱印【カラフル】

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)月替わり御朱印
月替わり御朱印

小垣江神明神社では、カラフルな月替わり御朱印が授与されています。
僕が今回頂いたのは、刈谷市の花・カキツバタがデザインされた御朱印。美しい…!

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)特別御朱印
特別御朱印

加えて、桜の時期に合わせて頒布された特別御朱印「夜桜」や、兼務社・金刀比羅社などの御朱印も拝受しました。
御朱印の受付場所や日時については、以下のリンクをご覧ください。

>>[詳細]小垣江神明神社の御朱印|場所や日時など

夜桜ライトアップ

小垣江神明神社では、桜の開花時期に合わせて夜桜のライトアップが開催されています(2021年度の点灯時間は18:30~22:30)。

なんでも、昭和35年(1960年)発行の「刈谷市誌」では、小垣江神明神社の境内の森を「刈谷八景」の1つとして紹介。

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)参道の桜若木
参道の桜若木

「全境内は桜樹多く、とくに参道は桜のトンネルをつくって客をひく」と記されているそうですよ(参考:中日新聞西三河版2021.3.31号)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

参道にLEDキャンドルが並べられたこともあるそうです。桜の時期にもぜひお参りしたい!

社殿【歴史】

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)拝殿
拝殿

頂いた由緒によると、小垣江神明神社の創祀は崇峻天皇の御代(588年)。
伊勢神宮内宮外宮から御分霊を勧請したと伝わるそう。

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)本殿
本殿・幣殿

また一説には、日本武尊が東征の帰りに小垣江の地に立ち寄り、伊勢の御分霊を祀ったとの言い伝えもあるようです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ヤマトタケルが小垣江の美しい入り江を、熱田神宮と間違えて辿り着いたんだとか。小垣江の地名も、この伝承から起こったと言われています(神の御垣の入り江⇒御垣江)

小垣江神明神社の由緒(歴史)

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)神楽殿
神楽殿。柘植社が祀られています

  • 崇峻天皇588年:伊勢の内宮・外宮から御分霊を勧請
  • 応永6年(1399年):柘植能成が祠官となる
  • 永禄3年(1560年):兵火に罹り烏有に帰す
  • 天正5年(1577年):西尾城修理に際し、松の苗木3000本が奉納される
    →うち1本が「親子松」として保存。刈谷市の天然記念物に指定される
  • 江戸時代:神明宮と呼ばれる

※頂いた由緒、現地石碑・案内板、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)親子松
二代目親子松

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

西尾城修理の際、神社の松を切ったところ、切り口から鮮血が迸って家臣の目に。城主は無断で切ったことを詫び、松の苗木3000本を奉納したそうです!

まとめ

小垣江神明神社(愛知県刈谷市)二の鳥居
鳥居

小垣江神明神社(おがきえしんめいじんじゃ)

  • 御祭神:天照皇大神、誉田別命、迦具土命、豊受姫命、豊斟渟命、大縣命
  • 社格など:七等級、旧指定村社
  • 例祭日:10月16日
  • 公式Facebook:小垣江神明神社

※現地石碑、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

例年、秋の祭礼では駆け馬・山車・御神楽・チャラボコ・投げ餅などが行われるそう。楽しそう!


最後までお読みいただきありがとうございます。
このページの要点をまとめました。

  • 小垣江神明神社は小垣江駅から徒歩4分の場所にある、刈谷市最古の神社
  • 神社ではカラフルな月替わり御朱印を頂けた
  • 見ごろの時期には夜桜のライトアップも

幸運にも、神社の方が特別にと、社務所・拝殿・幣殿内を案内してくださいました。
今思い出しても、素晴らしい時間だった…!
近くに来た際は、またお参りさせてもらおうと思います。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

なお、一人でお参り&境内散策した際の参拝所要時間は30分ほどでした。観光・お出かけの計画を立てる際の参考にしていただければと!


金刀比羅社(愛知県刈谷市)境内全景・御朱印
金刀比羅社(小垣江町塩浜)

さて、小垣江神明神社の次にお参りしたのは、御朱印で登場した金刀比羅社(ことひらしゃ)

小垣江神明神社の兼務社で、明治時代には山車を売却したお金で社殿を建て替えた歴史もあるんだとか!
以下から次のページへお進みください。

次のページはこちら【金刀比羅社】

小垣江神明神社周辺の神社仏閣

  • >>本刈谷神社(車で6分・秋祭りの餅投げは刈谷市内最大規模との呼び声も)
  • >>知立遍照院(車で16分・三河三弘法第1番&三河新四国開創霊場「見返弘法大師」)
  • >>西福寺(車で23分・「見送り弘法大師」。境内には三河に数少ない鯖大師も)
  • >>一ツ木神明社(車で23分・地元の偉人「生駒甚兵衛」の記念碑があります)

三河の神社仏閣一覧

>>愛知県の神社仏閣人気ランキング