内々神社にお参りしたよ|アクセス・駐車場など|庭園

なごやっくす(Twitter@omairi_dash)です。
内々神社(愛知県春日井市)にお参りして、ステキな時間を過ごしてきました。

内々神社は、日本武尊の東征と深い関係を持つ延喜式内社
愛知県指定文化財の社殿&庭園や、受験生に人気の「すべらずの松」で有名です。

内々神社(愛知県春日井市)赤鳥居
赤鳥居

このページでは、そんな内々神社の「アクセス・駐車場情報」「見どころ・ご利益」「頂いた御朱印」「歴史」について紹介していきます。

  • 内々神社への行き方を知りたい!
  • 社殿や内々神社庭園を見てみたい…
  • 奥の院がスゴい場所にあるって聞いたけど?

といった場合などに、参考にしていただければと。
まずは内々神社がどこにあるのか、アクセス・駐車場情報からいきますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

読み方は「うつつじんじゃ」。玉野御嶽神社(春日井市玉野町)に続いての参拝です!

内々神社へのアクセス【地図】

内々神社(愛知県春日井市)アクセスマップ
© OpenStreetMap contributors

  • 住所:愛知県春日井市内津町24
  • 電話:0568-88-0553
  • アクセス:高蔵寺駅からバスで30分
    (名鉄バス 72系統 内々神社行き)

高蔵寺駅北口「3のりば」から、内々神社行きのバスが出ています。運賃は490円です。

高蔵寺駅北口バス乗り場(内々神社行き)
高蔵寺駅北口「3のりば」

なお、バスの本数はかなり少なめ。
帰りを含め、お出かけ前にバスの時刻表を確認しておくことをオススメします。

>>時刻・運賃検索|名鉄バス

内々神社の駐車場

内々神社(愛知県春日井市)駐車場マップ
© OpenStreetMap contributors

境内西にアスファルト舗装された専用駐車場がありました。
20台ほど停められそうです。

内々神社(愛知県春日井市)駐車場
駐車場入口

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

引き続き、社殿&庭園や「すべらずの松」など、神社の見どころ紹介に移ります!

内々神社の見どころ

社殿【彫刻美】

内々神社(愛知県春日井市)拝殿
拝殿

内々神社の社殿は、県指定文化財(建造物)。
参拝の栞によると、信州諏訪の名工・立川一族(立川富棟、富之、富方親子)が、10年余りの歳月をかけて文化年間(1804年~1818年)に完成させたそうです。

内々神社(愛知県春日井市)拝殿彫刻
拝殿彫刻

拝殿には、豪華な彫刻が多数施されていました。
ひときわ目を引いたのは、上の龍の彫刻。
今にも動き出しそうな迫力でした…!

>>[参考]内々神社社殿|文化財ナビ愛知

庭園【県指定名勝】

内々神社庭園(愛知県春日井市)
内々神社庭園(写真奥は本殿)

本殿背後にある内々神社庭園は、県指定文化財(名勝)。
南北朝時代の名僧・夢窓国師作と伝えられています。

文化財ナビ愛知によると、夢窓国師作庭の確証はないそうですが、京都西芳寺(苔寺)の庭園などと同じ「回遊式林泉型」のものなんだとか。

>>[参考]内々神社庭園|文化財ナビ愛知

内々神社庭園(愛知県春日井市)天狗岩
天狗岩

神社裏山の自然岩を巧みに取り入れているのもポイントで、高くそびえる天狗岩が「影向石(神仏が来臨して一時姿を現す石)」をなしているとの説明もありましたよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

高さ45mの岩を御神体とする、花の窟神社(三重県熊野市)にお参りしたときのことを思い出しました!

すべらずの松【ご利益】

内々神社(愛知県春日井市)すべらずの松
すべらずの松(すべらず天神社)

境内に生える「すべらずの松」は、百日紅(サルスベリ)の木に松が芽吹いた、珍しい共生木。
受験シーズンには多くの受験生でにぎわうそうで、この日も受験生らしき親子がお参りに訪れていました。

内々神社(愛知県春日井市)奉納絵馬(大願成就)

松の脇には、入試合格などのご利益を願う、たくさんの奉納絵馬も掲げられていました。
また、授与所には、お守り「すべらず守」も並んでいたと記憶しています。

奥の院【洞窟内】

内々神社(愛知県春日井市)奥の院
奥の院(巌屋神社・妙見神社)

拝殿でお参り&庭園を散策したあとは、少し離れた奥の院へ。
御祭神の一柱・建稲種命は、もともとこちらに祀られていたようです(参考:境内掲示)。

上の写真のとおり、急な鉄階段を上ったところ、大きな磐座・洞窟の中に祠がありました。
昔の人は、この岩壁を登ってお参りしていたのでしょうか…!

内々神社(愛知県春日井市)奥の院からの眺め
奥の院からの眺め

祠でお参りしたあと、回れ右をすると、素晴らしい景色が広がっていました。
写真左端にバンテリンドームナゴヤ、右端に名古屋駅の高層ビル群が写っています。

奥の院への行き方は?

内々神社奥の院(愛知県春日井市)アクセスマップ
© OpenStreetMap contributors

内々神社西側の道路を、川沿いに700mほど進むと(途中で国道19号をくぐります)、奥の院への入口看板が。
そこからちょっとした山道を進むと、先ほどの鉄階段・奥の院にたどり着きます。

内々神社(愛知県春日井市)奥の院への案内看板
奥の院への入口階段

ちなみに、川沿いの道路は大型トラックが頻繁に通行しており、適宜、道路脇に避けながらの参拝となりました。
大縣神社(犬山市)の近くのようなイメージです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、トラックの運転手の方たちも、みなさん安全運転で走行していました。それにしてもイイ運動になった…!

内々神社の御朱印

内々神社(愛知県春日井市)の御朱印

内々神社では、「すべらずの松」の印影入りの御朱印を頂きました。
その下のアマビエもかわいいです。
御朱印を頂いた場所や日時などは、以下のリンクをご覧ください。

>>[詳細]内々神社の御朱印|場所や日時など
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

最後に、内々神社の境内風景とともに、神社の歴史について簡単にまとめておきます!

内々神社の歴史・境内風景

内々神社(愛知県春日井市)石灯篭
石灯篭

参拝の栞によると、内々神社の創建は景行天皇41年(妙見宮由緒書より)。

日本武尊が東征の帰路、内津の地で「建稲種命が駿河の海で水死した」との報告を受け、「現哉現哉(うつつかなうつつかな)」と嘆いて、建稲種命の霊を祀ったのが始まりとされています(熱田縁起より)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

内津(うつつ)という地名も、ここから来ているんだとか!

内々神社(愛知県春日井市)御神木の大杉
御神木の大杉

昔から武将の崇敬も篤く、慶長2年(1597年)には、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際して戦勝を祈願。

社頭の大杉7本を伐採して、船の帆柱(マスト)とし、凱旋後お礼に社殿を造営したとも言われているそうですよ。

まとめ

内々神社(愛知県春日井市)手水舎
手水舎

内々神社(うつつじんじゃ)

  • 御祭神:建稲種命、日本武尊、宮簀姫命
  • 社格など:延喜式内社、七等級、旧県社
  • 例祭日:4月15日

※参拝の栞、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成

最後までお読みいただきありがとうございます。
このページの要点をまとめました。

  • 内々神社は、高蔵寺駅からバスで30分の場所にある延喜式内社
  • 社殿、庭園はともに愛知県指定文化財
  • 境内には、受験生に人気の「すべらずの松」も

紅葉の季節には、社殿や庭園との美しいコラボレーションも見られそうです。
見ごろの時期にもお参りしてみたいな。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

そうだそうだ、僕の参拝所要時間は約75分。内訳は境内散策30分(庭園見学含む)、御朱印拝受5分、奥の院へのお参りに40分といったところです。観光・お出かけの参考にしていただければと思います!


内津妙見寺(愛知県春日井市)本堂
内津妙見寺本堂

さて、内々神社の次は、隣接する内津妙見寺にもお参り。
明治新政府による神仏分離まで、内々神社と一緒になっていたお寺です。
以下から次のページへお進みください。

次のページはこちら【内津妙見寺】

内々神社周辺の神社仏閣

  • >>玉野御嶽神社(車で17分・境内にかわいい猫たちが住む癒しスポット)
  • >>尾張冨士大宮浅間神社(車で18分・色玉石を持って奥宮にも参拝しました)
  • >>大縣神社(車で20分・尾張国二宮。女性の神様「姫之宮」も人気)
  • >>柏井八幡社(車で27分・大相撲名古屋場所開催時には春日野部屋の宿舎にも)

尾張の神社仏閣一覧

>>愛知県の神社仏閣人気ランキング